HOME>アーカイブ>専門知識を学んだり、教育免許を取得できる

入学試験で学力でふるいにかけられる

男女

大学に入るためには、一般入試、もしくはAO入試などを受ける必要があります。そのため、試験を受けることである程度学力によって選別されるといえばわかりやすいでしょう。私立大学の場合には入試の選択肢が多いので、様々な方法で入学する方法があります。他方で、国立大学は大学入学試験が一般的であり、1次試験と2次試験、それに医学部などは面接を突破しなければ入学することができません。試験はとても公正であり、試験で獲得した点数順に合格が決まる仕組みです。合格点に満たない場合には、不合格となります。古典的でありながらも公平性の高い試験方法なので、殆どの大学で採用されています。

専門知識を広く学べる

男女

大学で学ぶことのメリットは、高い専門性を身につけることができるという点にあります。通常、4年制大学では4年かけてみっちりと教養と専門分野を学びます。教養は1年から2年にかけて学び、専門分野は授業とゼミナールでしっかりと学ぶことができるのです。一般的に、ゼミナールは大学の3年から始まるところが多く、今までに学んだ基礎知識を基に、さらに専門性を高めるために大学教授の指導を受けながら学ぶことができるのです。

在学中に教員免許の取得も可能

男女生徒

大学在学中に、必要な単位と実習を受ければ、教員免許を取得することができます。大学には教育免許を取得するための特別なカリキュラムが設けられていて、希望する人がそのカリキュラムを選択できます。まずは講義で教職課程に必要な講義を受講します。次に、実際に学校で教育実習に従事することで、最終的に免許を取得することができるのです。教育免許は教員になるために必要な免許ですが、教員にならなくてもカリキュラムを終えれば取得できます。

広告募集中