学校の選択幅が広がっている

授業

今、全日制の普通高校や夜間に修学する定時制高校に通わずに、通信制高校を選ぶ人が多くなって来ました。通信制が人気となっている理由に、子供への環境が合っていると言う答えが多くなっています。そこには若い時代から世界を股に活躍する人が増えていることがあります。特にスポーツ世界では子供の頃からの英才教育が必要なことになり、年間のほとんどを学校に通うことが難しい子供たちが多くなっていることも、その要因と考えられます。子供たちが考えるやりたい人生を遂行させるためにも、自宅に縛りつけることが得策でない時代となっています。学校へ通う時間を少しでも夢を追いかける時間へと変え、余暇を見つけては勉強する方法が考えられるようになって来ました。余った時間に勉強するからと言うことで、成績が追い付かないと考える人もいるかも知れません。ですが夢を大きく持つ子供たちは、普通の子供たちより精神力も優れていることが多く、勉強に対しても遅れを取るどころか短期間で単位を取ってしまう場合もみられています。しかし中にはたくさんの生徒と交わることが出来なくて、通信制の高校を選ぶ子供たちもいます。そんな子供たちにも大きな夢を持たせることが出来るのが通信制高校であり、将来への魅力を教えてくれることが出来るのも通信制高校の役目と言って良いでしょう。今や通信制高校は、落ちこぼれ対策の学校ではなく、世界へ羽ばたく子供たちの夢を叶える学校にもなっているのです。

決められた単位を取る必要性

授業

通信制高校が全日制高校と大きく違うと感じることになるのが、学年制でなく単位制と言うことです。終わってみれば同じことなのですが、単位を取ることに重点が置かれ、定められた単位を修得することで卒業出来ることになります。卒業の条件として考えられることは、3年以上の在籍と単位を74以上取ること、そして30単位以上の特別活動が加わることになります。通信制高校で考える所の単位は、学校が定めたレポートを規定回数以上行うと共に、面接指導と言われるスクーリングも規定時間を受ける必要があります。

学校に通う期間があること

授業

その後になってから単位認定試験が行われることになり、成績が規定以上になったことで単位修得となります。このことからも通信制高校だからと言って、学校へ通わないで済む訳ではありません。スクーリングでは実際に授業を受けることになり、その時同級生と顔を合わせることにもなるのです。学校に通う必要があることから自宅から遠い所の学校を選ぶと、スクーリングの時には宿泊等の問題を抱えることになります。そのため学校を選ぶ時には、慎重に考えるべきです。

広告募集中